ゴビンチ、会社辞めるってよ。理由は〇〇になるため!

ご報告

こんにちは!ゴビンチ(@Go_Vinci)です。

突然のご報告ですが、この度今勤めている会社を退職することなりました。

説明の前に、直近の状況をおさらいしてみます。

ノンフィクション
  • 2015年
    ▶FX系の会社に第二新卒として転職
  • 2016年後半
    ▶その会社で、仮想通貨の仕事もするようになる
  • 2017年11月
    ▶仮想通貨関係の開発も手がけるシステム開発会社に営業職として転職
  • 2018年5月
    ▶退職←今ココ
※仮想通貨の業界に就職するまでのストーリー詳細はコチラから

なぜ?辞めるのか

仮想通貨専門のライターになるためです。

そのために、今働いている仮想通貨のシステム開発会社を辞めます。

ちなみに、仕事柄エンジニアが一生懸命開発をしている姿を横で見ていました。

ゴビンチ
モノ作りってカッコいいな〜

ライターを目指すキッカケ

退職のキッカケは、プライベートで仮想通貨に関するライティングをする機会でした。

内容としては、約50,000万文字程度の仮想通貨に関する記事を寄稿しました。

感想としては、想像をはるかに超える大変さでした(泣)
日々、納期というプレッシャーに追われ、平日は夜遅くまでライティングをし、土日も費やしました。

その結果、全ての寄稿が完了した時には

ゴビンチ
もうライティングはしない(泣)

と誓うほどでした。

けれども完成させた時の達成感は、その分ひとしおでしたし、
思い返すと時間を忘れるくらい熱中していた 僕がいました。

ちなみに、このライティングは、このブログを運営していたのがキッカケで生まれたんです。(このストーリーはまた別の記事で書きます)

退職する必要はあったの?

答えとしては“Yes”です。

ですが、今の会社での営業の仕事も楽しかったです。

なぜなら、仮想通貨に関する仕事をしている人達と知り合えたし、技術的な側面からブロックチェーンを勉強することできました。(貴重な経験でした)

もちろん営業の仕事のかたわら、個人の時間でライティングをすれば良いのでは?とも考えました。

ですが、ライティングの業務が完了した後も、業務時間中にライティングのことを考えている自分にがいて、

ゴビンチ
そこまで思いが強いのなら仕事にできるのでは?
と考えるようになりました。

それに野球で例えると,

「メジャーリーガーが実は本業が営業マンだった」なんて話は聞いたことありません。
中にはそんな天才がいるのかもしれませんが、僕は天才でもないし起用でもありません。

なのでライティングの業務に多くの時間を費やせるよう、退職を決意しました。

今後はライターになります

もちろん業界は変わらず、仮想通貨・ブロックチェーンに関するライティングをします。

ただ、今回の記事ははあくまで「会社を辞めますよ」というご報告なので、「ライターとしてこんな展望があります」といった記事はコチラから!

イーサリアムみたいに人生のロードマップ描いてみた(ハードフォークとかしないけど)

2018.05.17

(今回はこの画像を使いたかっただけ……)