《図解ノート》ビットコインのマルチシグ(P2SH)の仕組み

マルチシグ

こんにちは!ゴビンチ(@Go_Vinci)です。

マルチシグで使用されているトランザクションの形式「P2SH(pay to script hash)」について。

解説・補足

  • 一旦は、P2SH(pay toscript hash)≒ マルチシグという認識で大丈夫です
  • シチュエーションを踏まえて、マルチシグ払いのメリットデメリットを書いています
  • マルチシグは、承認者が増える程手数料が高くなる
  • マルチシグの手数料は、受け取った人が次回にビットコインを送金をする際に発生する
  • レリードミースクリプト(readme script)が大事っぽい
  • ちなみに「スクリプト」とは、コンパイルせずに実行できるプログラムのことです
  • 総合的に難しい……_| ̄|○要、違う角度から勉強仕直し
以前に勉強した時のノートをそのまま公開しているので、クオリティは悪しからず……m(_ _)m。
もし間違っている箇所がありましたら、コメントやメッセージでご指摘いただけたら嬉しいです。

https://bitchart.jp/contact/