《図解》仮想通貨における鍵の前提知識となる【共通鍵暗号方式】の仕組み

こんにちは!ゴビンチ(@Go_Vinci)です。

仮想通貨のウォレットで、当たり前のように使っているですが、なぜ鍵(カギ)と呼ばれているのか考えたことはありますか?

この記事のポイント
  1. 共通鍵暗号方式は、1つの共通鍵(キョウツウカギ)で暗号化と復号をすることです
  2. メリットは、鍵の準備が楽です。デメリットは鍵の管理が大変です。
  3. ビットコインでは共通鍵暗号方式は採用されていません
ゴビンチ
【共通鍵】って、同棲し始めたカップルが使う鍵のこと……ではありません!

ここで言うとはもちろん、仮想通貨の送金・受取に使用している【秘密鍵・公開鍵】と同類です。

ですがウォレットもしかり、暗号理論における【鍵】の概念は、普段僕らが家や車で使用している鍵とは異なります。

なのでこの【共通鍵暗号方式】の項目も、しっかり自分の中でイメージを構築しならが読み進めてみてください。
※ちなみに共通鍵を英訳すると、【commonkey】です

ゴビンチ
「鍵(カギ)・暗号理論ってなんぞや?」と思った方はコチラの記事を読んでみてください↓↓

《図解》ビットコインにおける暗号理論のキホン用語6選

2018.04.03

共通鍵暗号方式のイメージ全体像

解説

共通鍵暗号方式は、共通の鍵(同じ鍵)で暗号化と復号をしています。

【シーン】
犬は、猫が持っているデータ(平文)を他の誰にも見られずに貰いたいです

【使うモノ】共通鍵

共通鍵の機能

  1. データを暗号化できる
  2. 共通鍵で暗号化したデータを復号できる
❶犬は、自分の共通鍵を猫に教えます。

❷猫は、教えてもらった共通鍵でデータを暗号化します。
その後、暗号文を犬に送ります。

❸犬は、受信した暗号文を共通鍵で復号します。

これで犬は、猫が持っているデータを他の人にも見られずに手に入れることができます。

メリット・デメリット

共通鍵暗号方式は、暗号化と復号で別々の鍵を用意する必要はありません。
それにより、以下のメリット・デメリットがあります。

メリット
  • 鍵は【共通鍵】一つで良いので、準備が楽
  • シンプルな仕組みなので理解がしやすい
デメリット
  • 共通鍵が漏洩してしまうと誰でも暗号文を復号できてしまう
  • なので、対象者ごとに別の鍵を用意しなければいけない。

ポイントのおさらい

  1. 共通鍵暗号方式は、1つの鍵で暗号化と復号をすることです
  2. メリットは、鍵の準備が楽です。デメリットは鍵の管理が大変です。
  3. ビットコインではこの方式は採用されていません
ゴビンチ
暗号理論での【鍵】のイメージは造れましたか?

共通鍵暗号方式は、単純な仕組みなのでここでしっかりイメージを造っておくと後が楽ですよ!

ゴビンチ
次回は公開鍵暗号方式について説明します。

《図解》仮想通貨の送金技術を支える【公開鍵暗号方式】の仕組み

2018.04.07